SKYFALL WEB SITE

COMPANY PERSONNEL

植田益朗 プロフィール

1955年東京都生まれ。

1979年日本サンライズ(現サンライズ)入社。『機動戦士ガンダム』の制作を経て、劇場版『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』が初プロデュース。以後『銀河漂流バイファム』『シティーハンター』『∀ガンダム』など、数々の名作・ヒット作を手がける。「機動戦士ガンダム生誕20周年記念プロジェクト」完遂後、2000年にサンライズを退社。フリープロデューサーとして『犬夜叉』の制作に携わる。

アニプレックス立ち上げ時に制作統括として参画。その後A-1 Pictures社長、アニプレックス社長・会長を歴任。現在は株式会社スカイフォール代表取締役。

UEDA MASUO PROFILE

UEDA MASUO SITE

渡辺 繁 プロフィール

1957年福島県いわき市生まれ。以降高校卒業まで県内を転々と移り住む。

1981年バンダイグループ・ポピー配属後、版権管理業務、男児玩具開発を経て、バンダイの新規事業である映像部門を担当。アニメ、特撮を中心とする作品編成を基盤に「EMOTION」レーベルを創設。

世界初のOVA『ダロス』を担当したほか、バンダイ初の劇場映画『王立宇宙軍 オネアミスの翼』を企画。またディズニービデオでは日本初のセルスルー・マーケティングの担当も経験した。主なプロデュース作品に『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』『人狼JIN-ROH』『メトロポリス』『スチームボーイ』『電脳コイル』『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』『仮面ライダーZO』『ウルトラマンパワード』『HANA-BI』などがある。藤本賞奨励賞、アニメーション神戸功労賞など受賞。株式会社サンライズの取締役も12年間務めた。

2011年の東日本大震災発生とともに30年勤務したバンダイナムコグループを退社し、現在は植田と共に立ち上げた株式会社スカイフォール専務取締役。

大の映画好きであり、クリント・イーストウッドのことを語らせたら人後に落ちない。

WATANABE SHIGERU PROFILE

©Skyfall Co.,Ltd. All rights reserved.